キャバクラ・セクキャバ

キャバクラで働いて夢を叶えよう!

同伴で売り上げアップ

キャバクラの世界では同伴は避けては通れません。
同伴をうまく活用できるかどうかが、売れっ子キャバクラ嬢になれるかどうかのカギとなるでしょう。

開店時の客入りは、お店が一番頭を悩ませるところです。
開店と同時にキャストの時給は発生しています。
ところがお客さんがいなければ、お店としてはその時間帯は赤字になってしまいます。
開店時に閑散としてしまっている日は、一日中客入りが悪かったりもします。
そのため、ほとんどのお店では同伴を推奨し、同伴したキャバクラ嬢には同伴ポイント、もしくは一回数千円の金銭的バックをつけています。
キャバクラ嬢としては、この制度を活用しない手はありません。

では、今度は逆にお客さんの立場で同伴を考えてみましょう。
同伴中はその子を独占できるわけですから、お客さんとしてはお店でお金を払うよりも価値があるわけです。
特に人気があり、いつも指名が重なっているキャバクラ嬢の場合は、その価値も高くなります。
なおかつ私服なので、お店とは雰囲気が違ってプライベートに近い状態で女の子と接することになります。
このような同伴は、お客さんにとってもキャバクラ嬢にとっても、そしてお店にとっても好都合なのです。

では、なぜお客さんは快く同伴をOKしてくれない場合があるのでしょうか。
それは、時間的な理由が挙げられます。
同伴の場合、どこのお店でも入店時間が決められています。
夜8時までに入店しなければならないお店、夜9時までに入店しなければないないお店と、店によってさまざまですが、決められた時間までに食事などを済ませて入店するには、最低入店1時間前までには待ち合わせをしなくてはなりません。
そうなると、その時間までに仕事を終わらせて待ち合わせができる人でなければ、同伴は難しいということです。

同伴というと食事という感覚がありますが、そうとは限りません。
お客さんが休みの日であれば、少し早めに待ち合わせをして映画を見る、ショッピングに付き合ってもらう、など色々な活用の仕方があります。
ショッピングの場合は、あくまでも自分でお金を払う前提で誘いましょう。
ショッピングに誘われると、通常のお客さんは何か買わされると思って尻込みをしてしまいます。
その為、自分でお金を払うから、私に似合うのを選んでという意図を事前にはっきりと伝えておきましょう。
常連のお客さんなら、ショッピングの最中にや牛ネクタイなどを買ってあげるのも、今後のことを考えると効果的です。