キャバクラ・セクキャバ

キャバクラで働いて夢を叶えよう!

延長をお願いするには

キャバクラ嬢が成績を伸ばすにあたって、お客さんが延長してくれるかどうかが非常に大きな問題です。
最近は自動延長のお店も増えてきましたが、ほとんどのお店は時間がくるとお客さんに延長を確認するシステムとなっています。
そこで重要になるのが、キャバクラ嬢の延長営業のテクニックです。

ただし注意が必要なのは、お客さんの立場からすれば、来店するにあたって前もって予算を決めていたり、終電で帰りたいなどの理由で時間を決めていたりするような場合は、無理な延長営業をされると負担に感じてしまいます。
そこで延長営業を行う際には、さまざまな点に気を付けて、お客さんの負担にならないようにしましょう。

また、初めて指名をもらったお客さんには、定期的に指名で通ってもらうまでは、無理な営業はしない方が無難です。
まずは定期的にお店に来てもらうことが優先です。
毎回1セットで帰ってしまうお客さんには、黙って1セットで帰ってもらうようにします。
延長営業をするには早くても3回目の来店くらいからが良いでしょう。

初めて延長営業するときは、他にあなたを指名しているお客さんがいない時が良いです。
延長することで本当にゆっくり話ができたのなら、お客さんは多少予算オーバーであったとしても満足します。
逆にせっかく延長したのに全然席にいないという状況では、お客さんは不満に感じます。
つまりお客さんが初めて延長した際に、延長して良かったと思ってもらうことが大切なのです。

すでに定期的に来店してくれる固定のお客さんには、徐々にセット数を増やしていくように営業します。
お客さんは不思議なもので、毎回1セットで帰ってしまうとそれが習慣化されて、時間もお金も余裕があっても毎回1セットで帰ってしまいます。
2セットが当たり前になると、1セットが物足りなく感じるようになります。
ですから、時間をかけて2セットいるのが当たり前、3セットいるのが当たり前、というように習慣化させていくように営業をかけていきましょう。
ただし、営業で延長してもらえるのは3セットが限界でしょう。
それ以上いてくれるかどうかは、お客さんの判断に任せるようにしましょう。