キャバクラ・セクキャバ

キャバクラで働いて夢を叶えよう!

お客さんとの会話術

お客さんとの会話はキャバクラの接客の基本でもあります。
そしてキャバクラ嬢が一番頭を悩ませるところでもあります。
特にフリーのお客さんとの会話は、指名のお客さんを作ることができるかどうかにかかってくるため、重要なポイントと言えるでしょう。

しかし、そもそもキャバクラでの接客における会話マニュアルなんてものはありません。
お客さんにはさまざまなタイプの人たちがおり、共通して盛り上がる話題や好感を持たせる会話はなく、お客さんの数だけバラバラなのです。
同じ会話であったとしても、お客さんによっては好感をもたれたり、嫌味に聞こえてしまうことだってあります。

ただ、やはりさまざまなお客さんが来店するキャバクラにおいて、河合を上手に展開していくことは、キャバクラ嬢の必須スキルと言えるでしょう。
お客さんに合わせてさまざまな会話をし、お客さんにこの子とまた会話したいと思わせられなければ元も子もありません。
しかしこれが一番難しいことです。
特にフリーのお客さんはその人の情報が一切ない中で手さぐりで河合をしていくことになるので、一回一回の会話が指名や今後の来店を左右する大事な勝負となります。

では、実際に稼いでいるキャバクラ嬢たちは、この部分をどうクリアしていっているのでしょうか。
それはズバリ、お客さんが興味が示す話題を探すということです。
そのためには、短時間でたくさんのネタふりを行い、その中でお客さんが興味を示したネタで会話をすることがコツなのです。
さらにそれらのネタは女の子自身もある程度興味と知識があり、楽しく会話できるものでなくてはいけません。
ですから、自分が興味を持って会話をしていくためにも、日ごろからネタをたくさん用意していることが大切です。

また、女の子によっては下ネタが苦手という人もいます。
しかし、キャバクラではこういう会話が非常に多くあります。
大抵のお客さんはアルコールが入っているので、気が大きくなっています。
酔いに任せて普段は言わないような言葉もブレーキがかからず、口走ってしまうこともあります。
また、多くのお客さんは日ごろのストレスを発散・解消するために、わざわざ高いお金を払ってキャバクラに足を運んできます。
たまったストレスが下ネタやいじわるな言葉という形で出てしまうことも珍しくはないのです。

キャバクラのようなアルコール類を出す接客業には、下ネタをいうお客さんなんて日常茶飯事です。
しかし、一流のキャバクラ嬢は、そんなお客さんには負けたりしません。
自分の価値観や考えをしっかり持って、どんなことを言われてもめげずにサラっと交わし、時にはすばやく切り返しましょう。