キャバクラ・セクキャバ

キャバクラで働いて夢を叶えよう!

気を付けるべきお客さん

キャバクラではお客さんを喜ばせることがお仕事です。
しかし世の中にはいろいろな人がいて、悪い人や付き合ってはいけないお客さんも存在します。
いくら優秀なスタッフがいるお店でも、そういう人たちが出入りするのをすべて阻止することは不可能です。
その為、女の子自身が自分の身を守るために、そういう人を見抜く力を持たなければなりません。

特に気を付けるべきお客さんは、暴力団関係者。
こういう人たちとはできるだけ親しくならないよう気を付けましょう。
指名も欲しがってはいけませんし、同派にゃアフターは何かと理由をつけえtお断りするようにしましょう。
一度こういう人たちの世界に入ってしまうと、抜けることも難しくなりますし、被害も大きくなります。
クスリで体と精神をボロボロにされてしまう人さえもいますので危険です。
もし問題が起きたらすぐに店長やマネージャーに相談しましょう。

また、有名なお店になると、プロスポーツ選手のお客さんもよく来店します。
接客する上で、こういう人たちに憧れがちではありますが、中には体目当てしか考えていない人もいます。
もちろん、中には良い人、良いお客さんもいますが、一流のプロスポーツ選手の人たちは、あまり派手な遊びはしませんので覚えておきましょう。

また、「お前だけしか見えない」というストーカータイプも危険です。
キャバクラにハマりすぎてしまい、毎月のお小遣いや会社の経費までつぎ込んでしまうお客さんのニュースなどたまにありますよね。
そういう人たちにまとわるつかれると、トラブルの元にもなりかねません。
この手のタイプは優しい言葉を誤解して受け止めることもあるので注意しましょう。

また、会社や人間関係のうっぷんを晴らすために、キャバクラに行って若い女の子をつかまえて説教しまくるお客さんも存在します。
この手のタイプは人の気持ちを考えてはいませんので、相手が傷ついても平気です。
ですから、いちいち真に受けたりして落ち込む必要はありません。

気を付けるべきお客さんのタイプをいくつか書きましたが、このほかにもさまざまな人がいます。
キャバクラ嬢として売れていくためには、いかに良いお客さんをたくさん確保していくかがカギとなります。
その為にも悪いお客さんや要注意タイプのお客さんに深く関わりあうのは減らしましょう。