キャバクラ・セクキャバ

キャバクラで働いて夢を叶えよう!

稼げるキャバクラ嬢になるには?

キャバクラで稼げるキャバクラ嬢になるにはどうしたらいいでしょうか?
そもそも稼げる定義とは、お客さんから人気があり、指名や同伴がたくさんとれるキャバクラ嬢になるということです。
稼げる金額が大きいということは、それだけお客さんを満足させて来店させているということです。
つまりは価値があるキャバクラ嬢ということになります。
このキャバクラの世界ほど、資本主義の市場原則が当てはまっているところも珍しいでしょう。
魅力がないキャバ嬢には指名も同伴もなく、それだけの価値しかないということになります。

稼げるキャバクラ嬢というのは、容姿やスタイルの良しあしなどで決められるものではありません。
自分の特徴を生かすことや、物事に取り組む姿勢、勉強することから生まれる心や性格からにじみ出てくるものが本物になっていくのです。
キャバクラの世界では劣等感は不要です。
人は長所を伸ばすことによって輝いていくものです。
例えば、自分は明るい会話をするのが好きというのなら、その部分を伸ばすと良いでしょう。
人の話を聞くのが好きのなら、その部分を伸ばすのです。
自分の魅力を高めて、価値を高めることは、自分の夢の実現のためには必要であるということを忘れずにいたいものです。

しかし、キャバクラ嬢として働いているうちに、女の子によって売り上げに差が出てくるのはなぜでしょうか。
これは決して見た目の美しさや可愛さなどではありません。
一番大きな要因はまず本人に目標があるかどうかだと思います。
目標は日々の目標、中長期の目標と分けて考えることで、大きな力をつけていくことができます。

キャバクラの魅力の一つに華やかさがありますが、同じくらい明るさや元気さも大切です。
これらを実現させるためには、日ごろから健康に気を付けていなくてはなりません。
健康管理を怠り、身体を壊しながら働いていると、心も反応して落ち込みがちになり、お客さんに対しても良いイメージを与えません。
また、10代~20代の方が健康面で思わぬ危険があったりもします。
それは、数週間、数ヵ月程度なら多少の不規則な生活をしても若さと体力でカバーできますが、それが続くと爆発してしまいます。
身体が健康でないと、顔色や肌のツヤハリといった若い女性特有の魅力も半減してしまいます。